サンジの日記

気に入ったお店や、今はまっている事 日常の日記など、自由気ままに書いていきたいブログです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「cosmonaut] 7曲目 「魔法の料理 ~君から君へ~」 感想

この曲は春に教育番組の「みんなのうた」で

放送された曲でして

私もあの時見たときはもう何回も何回もリピートして見てたものです^^:


この歌は

大人になった自分が、小さかった時の自分に語りかける

そんな歌でして


小さかった時の大きくなったらああなりたいな

なれるのかな、伝える事が出きるのかな?


みたいな願いを、大きくなった自分、大人になった自分が

「君の願いはちゃんと叶うよ 楽しみにしておくといい」

と語りかけてくれます



この詩の素晴らしいなと思うところは



親に叱られて、ほんとは悪いことをしたくてやったんじゃなくて

嫌いだったピアノを好きになりたかったからやったことなんだけど

まだ小さいから上手に伝えられなくて


だから早く大きくなりたい、上手に伝えたい、と

少年は思うんですが



親にはちゃんと伝わっているんですよね::


どんなに叱ったって、子供にご飯を作ってくれている

許してくれているんですよね::


さりげなく泣けますよね::この詩は::


あと、楽しい事ばかりの思い出だけを描くのではなく

おじいちゃんが亡くなってしまったり

自分が大切に思っていた人との別れがあったとしても


その大切な人が残してくれた、想いや、物が

今の自分の「宝物」なんだ

怖くても目を背けないで、よく見てほしい


生きるって、そういうことなんだろうなと、思いました

出会いがあって、別れがある

でも別れたから、なくなるんじゃない

それはずっと心の中で、思い出という「宝物」になって

生きていくんだって



この歌は是非、藤原さんにライブで歌って欲しいです!!

「君の願いはきっと叶うよ」


私はこの言葉を藤原さんに生で聞いたら


絶対泣きます!!!www



聴けば聴くほどこの歌は良さが分かってくる

そんな素敵な一曲ですね^^











叱られた後にある 晩御飯の不思議
あれは魔法だろうか 目の前が滲む

正義のロボットの剣で 引っ掻いたピアノ
見事に傷だらけ こんな筈じゃなかった

大きくなるんだ 伝えたいから
上手に話して 知って欲しいから
何て言えばいい 何もわからない

君の願いはちゃんと叶うよ 楽しみにしておくといい
これから出会う宝物は 宝物のままで 古びていく

確か赤だった筈だ 三輪車 どこまでだって行けた
ひげじいがくれた熊は よく見たら犬だった

プラスチックのナントカ剣で 傷付けたピアノ
模様のつもりだった 好きになろうとした

大きくなるんだ 仲間が欲しい
わかり合うために 本気を出せる様な
基地が出来るまで 帰らない様な

期待以上のものに出会うよ でも覚悟しておくといい
言えないから連れてきた思いは 育たないままで しまってある

更に 増えてもいく

怖かったパパが 本当は優しかった事
面白いママが 実は泣く時もある事

おばあちゃんが 君の顔を忘れたりする事
ひげじい あれは犬だって 伝え様がない事

いつか全部わかる ずっと先の事
疑いたいのもわかる 君だからわかる

メソメソすんなって

君の願いはちゃんと叶うよ 怖くても よく見て欲しい
これから失くす宝物が くれたものが今 宝物

君の願いはちゃんと叶うよ 大人になった君が言う
言えないから連れてきた思いは 育てないままで 唄にする

叱られた後にある 晩御飯の不思議
その謎は 僕より大きい 君が解くのかな
こんな風に 君に説くのかな
スポンサーサイト

[COSMONAUT]6曲目 「透明飛行船」 感想

本当は泣きたいくらい辛いことなのに

周りに気が付かれない様に

周りを心配させないように

そう、いつの頃からか

自分に備わっているスキル、それは



平気なふり!!!


この歌はまさに

「平気なふり」を題材にした曲でして


みんなそうやって、嘘か本音か分からないような

我慢してやってきてるけど


いつか避け様のない石に躓いて

いつもみたいに起き上がれない

そんな日がやってきたとしても


人に心配させまいと一人隠れて泣いている君は優しいんだよ

大丈夫、我慢しないでないてもいい

大丈夫、もう一回 笑えるでしょう



そういう感じに聴いてとれました^^


中々どうして


良い詩ですね^^


人って面白いですよね

プライドがあるのか泣くのを隠してがんばっちゃって

どんどん自分を追い込んでしまって

素直になれない生き物なんですかね


色々考えさせられた一曲です











鉄棒が得意だったけど よく慣れた技を舐めてかかり
後ろ向きに頭から落ちた 飛行船が見えた昼休み

優しい保健の先生 泣かなかった事褒めてくれて
仲良し度微妙な友達が 歩けるのにおぶりたがっていた

掃除中教室に戻って ヒーロー扱いされた後
午後の体育で気が付いた 得意が苦手になっちゃった

それからどうした おや 忘れちゃったの 君は

精一杯 精一杯 笑ったでしょう
皆の前 あの子の前 取り繕って
誰も気にしない様な事
それでも自分には大ゴト

多分平気なふりは人生で わりと重要なスキルだと思う
多岐に渉り効果示すので 使用頻度もそれなり

人の多くはその熟練者で 大概の焦燥は隠せるが
人の多くがその熟練者だ 大概はばれていたりもするが

大きく小さなプライドが 眠れない夜を幾つも生み
よくある類いの苦しみに 命掴まれて

大丈夫じゃなくて 当然の社会
貧乏クジ引いたわけじゃないんだよ
優しさの真似事のエゴでも
出会えたら 無くさないように

どうにかやってこられたけど 避け様のない石に躓いて
いつもみたいに起き上がれない そんな日が遂に来た

ずっと平気なふりに頼って 嘘か本音か解らなくて
もっと上手に生きていましたか 飛行船が見えた頃の事

あの時どうした ほら 思い出してよ 君は

ひとり こっそり 泣いたでしょう
帰り道 夕焼け 宮田公園で
なんか怖かったお社が
その日は心強かった

もう精一杯 精一杯 笑ったでしょう
皆も あの子も 笑っているでしょう
たまに本気で 泣いているでしょう
大丈夫 もう一回 笑えるでしょう

誰も気にしない様な事
分かち合えやしない他人事

優しさの真似事は優しさ
出会えたら 迷わないように

出会っている 無くさないように

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。